1. TOP
  2. VIO脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛すれば水着や下着からはみでない

普段は、人の目に触れない所ですが、VIO脱毛を行う事で水着や下着を着た時に心配になった経験を持つ方は多いと思います。
アンダーヘアが濃かったり、形によって水着や下着からはみだしてしまう・・・。
それこそ悪夢のようなことです。
VIO脱毛の施術を受けて美しく下着や水着を着こなすことができます。

VIO脱毛はデリケートゾーンを清潔に保つことができる

また、生理時のムレを防ぐことができたり、排泄物が毛につくのを防ぎ、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。
女性にとって、項や腕や足以外の無駄毛の処理をしておきたいところです。

VIO脱毛すると、かゆみが軽減される

生理や汗などの生理現象によって、毛に溜まってかゆみの原因になります。
また、痒くなりますと、爪などで肌を掻いてしまう事によって、傷が出来て衛生面で良くありません。

脱毛によりにおいのリスクが減る

アンダーヘアは、毛の量が多く雑菌が繁殖しやすいので、それがにおいの原因になる場合があります。
脱毛により臭いのリスクが減りますし、ムレやかゆみも減ってきますので、生理の時は、はるかに楽になります。

VIO脱毛すると、かゆみが軽減される

VIO脱毛を終了してしまえば特に生理中が快適

でも、終了してしまえば、その快適さは他に変えがたいような爽快感があります。
毛があって当たり前という状態から毛が減っていくと、トイレや特に生理中が本当に過ごしやすいという意見が多く、その為に脱毛をする人が理由としては一番多いです。
脱毛サロンや脱毛クリニックではちょっと恥ずかしいかも知れませんが、終わってしまえばその先は本当に夏も蒸れずに済むし、もっと早くやっておけば良かったという人もいるくらいです。

VIO脱毛を終了してしまえば特に生理中が快適

VIO脱毛は衛生面でも◎

2つ目は、生理時の出血などが毛に付着して蒸れやにおいといったトラブルを引き起こしますが、脱毛することで毛がなくなり、常に清潔な状態を維持できるということです。
女性に欠かせない問題だからこそ、施術を受けて快適になったという人が多くいます。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛は痛いというけど・・・

VIO脱毛のメリットは分かっても、この脱毛は痛いと言われています。
できるだけ痛くない状態で脱毛をするには、個人差はありますが整理前後は痛みを感じやすいので、この時期の施術を避けます
睡眠不足や体調不良の時も痛みを感じやすいので、そのような時も施術を避けるといいでしょう。
他の部分の脱毛は全く痛くなかったという人も、VIOだけは痛みがあったという場合が多く、途中で断念しそうになったという人もいます。
輪ゴムでパチンとはじいた位の痛みと言われますが、やはり医療レーザー脱毛が出力が高いだけに痛みは強いです。

黒ずみが目立ってしまう場合がある

また、VIOラインは下着や衣類などが擦れやすいため黒ずみにもなりやすい部分です。
脱毛することでその黒ずみが目立ってしまうというデメリットもありますが、クリニックやサロンではその黒ずんでいる肌をケアできるようなサービスも行なわれているためそれを利用するのがおすすめです。

VIO脱毛 恥ずかくてちょっとという方

VIO脱毛をするときに気になるのは、施術が恥ずかしいということです。
アンダーヘアという人にはあまり見せない部位の施術なので、ムダ毛をなくしたくても羞恥心から施術を諦めてしまう人もいます。
しかし、エステでは毎日たくさんの人がこの部位の施術を受けていて、実際に施術を受けてみると思ったほど恥ずかしくないと感じる人もいます。
一番恥ずかしいと感じるのは、どうやって施術を進めていくか分からない、初めての施術のときです。

多くのエステでは恥ずかしく感じないような工夫をしている

多くのエステでは恥ずかしく感じないような工夫をしている
多くのエステでは、お客さんが恥ずかしく感じないように、様々な工夫をしています。
下半身に何も身に着けないのは抵抗があるので、どのエステでも紙製の使い捨てのパンツが用意されています。
施術中はこのパンツに着替えて、少しずつずらしながら施術を進めていきます。
スタッフが常に話してかけてくれるので安心
体勢も仰向けで片足を曲げた状態など、恥ずかしくないように考えてくれています。
施術しているスタッフはプロですので、いやらしいことは考えていません。
何も話さないことで帰って恥ずかしさを感じてしまう人もいるので、スタッフは常に話しかけてくれます。
スタッフとの会話で、気が紛れて施術を受けられたという人も多くいます。
2回目以降はどのように行うのかが分かっているので、そこまで恥ずかしさは感じなくなります。