1. TOP
  2. セルフ脱毛のメリット・デメリット

セルフ脱毛のメリット・デメリット

セルフ脱毛
気楽にできる
時間に縛られず暇なときにできる
お金があまりかからない
自宅でできる
費用が節約できる

化粧ノリが違う

顔の産毛をなくせば、お肌に透明感が出て、お化粧のノリが良くなるので、セルフ脱毛を行っている女性が少なくありません。

費用があまりかからない

脱毛サロンや美容クリニックに行けば、顔脱毛を受けることが出来ますが、1回では終わらないので、何回も通う必要がありますし、相当な費用がかかるというデメリットがあります。
それに比べると、セルフ脱毛のメリットは、いつでもできるし、お金があまりかからないので、脱毛サロンや美容クリニックに行く時間がないし、費用も節約したい方には向いています。

脱毛の方法の代表的なものは…

  • 脱毛器
  • カミソリ
  • 除毛クリーム
  • 毛抜き
  • ワックス
  • 抑毛ローション

脱毛用のアイテムのひとつは脱毛器ですが、最近の製品はそこそこの威力があるので、わざわざお店に出かけなくても綺麗な肌になれます。
脱毛器は高額なので、もっと安いアイテムで綺麗な肌になりたい方は、カミソリを使って、顔の産毛を剃ったり、毛抜きで抜くようにしてください。
肌に塗るタイプなら、除毛クリームやワックス、抑毛ローションがおすすめです。
除毛クリームは、顔の産毛に塗って、しばらく放置するだけで毛を溶かして処理できますし、ワックスも、シートに塗ってから剥がすだけで簡単に綺麗な肌になれます。
抑毛ローションを塗ると、毛の再生を遅らせたり、薄くする効果を期待できるので、自分に合った方法で顔脱毛をするようにしましょう。

セルフ脱毛のデメリット

手軽なむだ毛処理のやり方と言えばセルフ脱毛です。
体の脱毛はもちろんのこと顔脱毛もやろうと思えばできますが、ただデメリットも多い方法ですのであまりやりすぎてしまうのも良くありません。

肌を傷つける
肌荒れの原因になる
数日でまた生える
肌への刺激の繰り返し
シミができてしまうこともある

肌を傷つける心配

良くない理由に肌を傷つける心配があるからです。
自宅で行えるどのような方法でも肌には負担になってしまいますので、肌荒れの原因になってしまうことがあります。
特に顔の皮膚はデリケートであり、尚且つ目立ちやすいところでもありますから無理にやって肌を傷めてしまうのは良くないです。

自分では除毛程度しかできない

数日でまた生えるのもセルフ脱毛のデメリットと言えるでしょう。
脱毛と言いつつも自宅で脱毛をすることは難しく、実際にできるのは除毛程度の作業です。
脱毛をしない限りはまた生えてきてしまうためにその都度お手入れをする必要がありますので、手間は解消されずじまいと言えます。

繰り返しによる肌への刺激

そして何度もお手入れを繰り返すことによって、前述したように肌を傷つける恐れがあります。
無理なお手入れを行い続けると肌荒れがひどくなるのはもちろんのこと、刺激によってシミができてしまうこともあるのです。
肌を磨くつもりが肌質を悪くしてしまうこともありますから、セルフ脱毛はなるべく控えた方が良いでしょう。