1. TOP
  2. 顔脱毛とフォトフェイシャルってどう違うの?

顔脱毛とフォトフェイシャルってどう違うの?

顔脱毛とフォトフェイシャル

顔脱毛は、脱毛サロンなどで光脱毛

顔脱毛は、皮膚科の病院や美容外科クリニックなどの医療機関だけでなく、脱毛サロンなどでも光脱毛という形で行われています。
顔脱毛では、顔に生えている産毛状のムダ毛の毛根に存在する毛母細胞というムダ毛を再生させてしまう組織に、医療レーザー光線やインテンスパルスライトを照射して、これらの光が持つ熱エネルギーで焼き焦がしてムダ毛を生えてこないようにする施術を施します。
顔脱毛の施術を受けることにより、ムダ毛が生えてこなくなるので顔色が明るくなる効果や、毛穴が引き締まり化粧ノリが良くなる効果などがあります。

フォトフェイシャルは、美容外科クリニックなどといった医療機関で

一方、フォトフェイシャルは、美容外科クリニックなどといった医療機関でしか行うことが出来ません。
顔にインテンスパルスライトを照射する施術方法は似ているのですが、非常に波長が幅広い波長を持ったインテンスパルスライトを照射しているので、ムダ毛の毛根ではなく、お肌のシミやソバカス、赤ら顔などといった変色している現象全般を解消していく効果があります。
お顔の変色を解消する美白効果だけでなく、お肌を引き締めてシワやほうれい線を解消しリフトアップする効果もあります。
フォトフェイシャルでは一般的にムダ毛が脱毛される効果は期待できません。

フォトフェイシャルの具多的な効果

フォトフェイシャルとは、特殊な光を照射して肌トラブルを改善する治療方法です。
医療機関で受けることのできる施術で、IPL(インテルス・パルス・ライト)という光を使っており、照射することによって肌に有効な光を与えて再生する光治療になります。

フォトフェイシャルの具多的な効果

フォトフェイシャルの具多的な効果としては、メラニンにダメージを与えてシミやソバカスを改善するのと同時にコラーゲンを生成する真皮層の細胞も活性化することで、きめ細やかな肌を作ることができます。
レーザーとは異なり肌を傷つけずに済むため、肌へのダメージが少なく炎症がおこったり、かさぶたになることはほとんどないとされています。
デメリットとしては、効果に個人差があるため1回の照射だけで効果が得られない場合もあり、一定の通院期間を要することが多いです。

フォトフェイシャル シミやソバカスを改善

IPLは顔脱毛などにも使われている光のため、同じような効果が期待することができるとされています。
しかし、脱毛に使う場合には脱毛が完了するまで何度も照射する必要があり、フォトフェイシャルのシミやソバカスを改善するための施術の場合は一度で施術が可能となっています。
また、病院でしか施術をして貰えないという違いがあります。
そのため、肌トラブルを改善したいという場合には医療機関での利用が必要です。