1. TOP
  2. 脱毛サロンでのトラブル

脱毛サロンでのトラブル

脱毛 トラブル

脱毛サロンは、光脱毛が主流であるので、肌トラブルは起こりにくいのですが、光脱毛であっても少しの痛みを感じることがあります。

光脱毛は、メラニンに反応して脱毛するので、日焼けした肌や剃り残しがあると、痛みを感じる可能性がありますが、必ず施術前に施術者が肌の状態を確認をするので安全に施術が行われます。

メラニン 脱毛

施術中の痛みよりも、気を付けておきたいのは、施術が終わってからの違和感です。

肌が異常に荒れている、赤みが引かない、かゆみがある、など、施術後に肌に違和感を感じる場合は光脱毛によって肌がダメージを受けている状態です。

脱毛 肌に違和感

施術時の出力が高すぎたり、施術時の肌の状態にも関係があり、肌が乾燥している状態であると肌トラブルが起こりやすくなります。

赤みやかゆみがある場合は、肌に直接氷や凍らせたものを付けるのではなく、冷水で濡らしたタオルなどで冷やすようにし、肌荒れな酷い場合などは、一日ほど様子を見て、肌が落ち着かないようであれば脱毛サロンへ連絡して医師の診察を受けましょう。

サロンが提携している医療機関がある場合は、提携している医療機関で治療を受けることができます。

永久脱毛を行うための資格

同じ脱毛でも、永久脱毛はちゃんとした資格がないと行うことができません。
その資格とは、医師免許のことです。

医師免許 脱毛

これはどういうことかといえば、永久脱毛という脱毛方式が医療行為にあたるということです。
永久脱毛というのは毛を二度と生えてこさせないようにするものですが、これを行うためには毛根を破壊しなければなりません。

しかし毛根を破壊するという処置は医療行為にあたるので、医師免許をもっている人間しか行うことができません。

脱毛サロンなどでも永久脱毛ができるかのように謳っているところはありますが、サロンには医者はいませんので、実際には永久脱毛を行うことができません。
現に、医療機関で使用されるレーザーとサロンのレーザーでは、出力の点で差があります。

レーザー脱毛

医療機関で使用されるものは毛根を破壊できるほどのパワーを備えていますが、サロンで使用されるものは出力がそれよりも抑えられており、毛根を破壊するところまでは及びません。

こういうわけで、永久処理は医者の資格がないと行えません。

脱毛 肌トラブル

脱毛による肌トラブルに注意
永久脱毛・サロン脱毛に限らず脱毛をしたあとのお肌は、いつも以上にデリケートになっています。

そのため、肌トラブルを起こさないように、丁寧なケアも大切になってきます。基本的に脱毛をした日は、激しい運動をしたり、入浴をしたりするのは控えましょう。体温が上がる行動は、肌トラブルを起こす原因になってしまうためです。

レーザーやフラッシュなどによる脱毛は、黒色のメラニンに照射して、熱を持たせて、ムダ毛の生える組織にダメージを与えるという仕組みです。

照射したあとには、エステやサロンで鎮静を行いますが、24時間くらいは内側には熱がこもります。炎症を起こしている状態ですから、運動や入浴をすると、血行が良くなり、炎症を煽る形になってしまいます。これが肌トラブルへとつながってしまうのです。

脱毛の帰りに温泉に行くというのも、やめておくことです。浴槽もですが温泉のお湯にも、雑菌は多いです。体温を上げてしまうだけでなく、雑菌によりデリケートになっている肌に、トラブルが起こりやすくなります。