1. TOP
  2. よくある脱毛の質問:生理中・アトピー・授乳中の医療レーザー脱毛は問題ない?

よくある脱毛の質問:生理中・アトピー・授乳中の医療レーザー脱毛は問題ない?

よくある脱毛の質問

授乳中の永久脱毛について

授乳中の医療レーザー脱毛の施術に関しては原則的には可能ですが、脱毛を行う・行わないなどエステサロンやクリニックによって回答が異なるもののほとんどの所が授乳中の脱毛は行わないとしています。

授乳中 永久脱毛

なぜなら授乳中はホルモンバランスが妊娠以前の状態には戻っていないので、肌が敏感になっている方も多く脱毛施術中の痛みが増したり予期せぬ肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

また毛周期も正確に計算できないため適切な期間に脱毛が行なえず、せっかく医療レーザー脱毛を行っても再びムダ毛が生えやすく効果が出にくいということなどが理由のようです。

医療レーザー脱毛が施術できるようになる目安としては、

  • 生理が再開したら
  • 何回目かの生理が来たら
  • 断乳したら

など、こちらもクリニックやサロンによって対応が変わります。

脱毛 母乳に影響

ちなみに母乳に影響があるかどうかですが、医療レーザー脱毛のレーザーは肌の浅い部分にしか届きませんので心配はいりません。

医療脱毛はアトピーでも大丈夫?

アトピーや敏感肌の人にとって脱毛行為は躊躇したり、リスクが大きいと考えられるものです。

医療脱毛 アトピー

では、医療脱毛をすることは可能なのかどうか、結論からいえば可能です。

医療脱毛の主流はレーザー脱毛ですが、それによりアトピーなどの症状が悪化したというデータはないため、施術が大丈夫であるというわけです。

エステサロンでの脱毛方法もありますが、施術する際に肌にジェルなどを塗る場合があり、敏感肌の人は断られる場合があります。

肌トラブルのリスクが高い人、アレルギー体質の人は医療機関での施術がおすすめです。

アレルギー体質 脱毛

理由は医師が存在し、医師の指導の下施術が行われるからです。万が一の場合も薬などの処方が行われるので安心です。

また、レーザー脱毛機器といっても、種類がさまざまあります。

複数のレーザー機器をもつ医療機関は、肌の状態によって施術機器を変えることができます。

その分施術費用が高くなる場合もありますが、リスクを回避して脱毛するなら、そのような医療機関を探すことがおすすめです。

生理中は脱毛OK?

基本的に生理中は脱毛ができないと言われていますが、ミュゼの場合はどうなるのでしょうか。

ミュゼの場合ですが、なるべく避けた方が良いのは当然ですけど、特定の部位以外の脱毛は可能となっています。
その特定の部位は、デリケートゾーンと呼ばれる

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン

で、それ以外の脱毛はできるのです。

永久脱毛 デリケートゾーン

生理中に脱毛が可能といっても、肌が敏感になって、トラブルが起きやすい状態でもあります。

そういった人でも脱毛ができるように最新の技術を用いた施術方法をしているのがミュゼですけど、やはりできるだけ避けた方が良いです。
普段なら感じない痛みを感じたり、肌が傷ついてしまったりする危険性があるからです。

生理中 脱毛

予約していて、その日が生理になってしまった場合でもミュゼは、簡単に予約を変更できます。
キャンセル料が掛かりませんので、安心して、別の日に予約を取り直す事ができるのも有難いことです。

このように生理中の脱毛はできますが、できるだけ避けた方が良いと言えるでしょう。

永久脱毛で健康被害を受ける可能性

永久脱毛によって健康被害を受けるという可能性はあるのでしょうか?

結論からいえば、全くないとはいいきれません。

現に、サロンでの脱毛機器の不適切な使用により健康被害が発生したケースがあります。

脱毛機器の不適切な使用にはいろいろなものがありますが、例えば必要以上のエネルギーで使用することで利用者の皮膚に過度な負担を与えてしまうことがあります。

永久脱毛 被害

この場合は色素沈着、やけどなど実際的な健康被害を生みだすことがあり、利用者としては決して無視できません。

とはいえ、使用する脱毛機器を適切に使用すれば問題ないので、利用者としては安心できるサロンを選ぶことによって健康被害に遭うことを避けることができます。

永久脱毛を行うクリニックは無数にあるので、その中で安心できるお店を選ぶのは簡単ではありませんが、インターネットの口コミや評判を参考にすれば良い店を見分けることができます。

特に、実際にサロンで永久脱毛処理を受けた人の体験談はリアリティーがあって参考になります。

医療脱毛施術後に赤みが出てしまったら

最近の医療脱毛は、医療用レーザー機器の技術が進み、医療脱毛を得意とする医療機関では複数の医療用レーザー機器を使い分け、肌質・毛質にあわせた施術をしています。

医療脱毛 赤み

もちろん、施術前のカウンセリングや診察も徹底しているので、施術後に肌に赤みが生じたり毛穴が腫れたり等のトラブルは極めて少ないことが特徴です。

だからこそ、

  • デリケートな肌の人
  • アレルギーを持っている人
  • アトピーの人

でも、医療脱毛を利用する人が急増しているのです。

しかし、医療機関での脱毛施術後に、肌に赤みが生じたり毛穴が腫れたり等の症状が出た場合には、すぐ施術した医療機関でカウンセリングや診察を受けるべきです。

アレルギー 永久脱毛

よくあるケースとしては、施術の前日に寝不足だったり、残業等が続いて疲労が蓄積されていたり等の体調不良の場合があります。

つまり、女性のお肌は非常にデリケートであるため、医療脱毛の施術よりも、体調の問題であるケースが多いのも事実です。

従って、肌に赤みが生じたり毛穴が腫れたり等の症状が出た場合には、医薬品を使用する前に必ず施術した医療機関でカウンセリングや診察を受けるべきなのです。

永久脱毛するなら@脱毛サロンと医療レーザー

授乳中の医療脱毛、レーザー脱毛、永久脱毛を母乳中に行うときの簡単な紹介でした