1. TOP
  2. 医療脱毛と家庭用脱毛器比較

医療脱毛と家庭用脱毛器比較

医療脱毛 家庭用脱毛器 比較

無駄毛の処理法には色々な種類があります。

家庭用脱毛器で自己処理する方法は、以前から多くの方が行っている自己処理法です。

家庭用脱毛器 比較

また、最近は美容皮膚科や美容外科といった、医療機関で受けられる永久脱毛も、人気となっています。

この2つの無駄毛処理法を比較し、自分に合った方法を選んでみるのも良いでしょう。

まず、家庭用脱毛器は除毛や減毛の効果を発揮するのが特徴です。

シェーバーやローラーによる除毛は、無駄毛を除毛する効果だけなので、頻繁に自己処理する必要があります。

最近、人気となっている光脱毛効果のある家庭用脱毛器であれば、無駄毛を毛根から抜けるので自己処理の回数を大幅に減らせます。

一方、医療脱毛は半永久的に、無駄毛が生えなくなる永久脱毛です。

毛量や毛質によっても変わりますが、5かいから10回程度施術を受ける事で、自己処理をしなくても良いくらいに無駄毛を脱毛できます。

濃い・多いといった剛毛でも医療脱毛であれば、しっかり脱毛する事が可能です。

家庭用脱毛器 安い
ただ、費用は高額になるケースが多く、全身脱毛を受けた場合は約50万円程の費用が必要となります。

家庭用脱毛器であれば安いものでは、数千円から高くても数万円という費用です。

自己処理・家庭用脱毛器のメリット

無駄毛の処理方法には、色々な種類があります。

その中の1つに挙げられるのが、カミソリや毛抜き、そして家庭用脱毛器を使った自己処理です。
自己処理
これらを使った自己処理は面倒というイメージもありますが、メリットも数多くあります。

まず、無駄毛が気になった時、サッと処理できるという点は大きな魅力です。

脱毛サロンや医療機関で脱毛を受けるという場合、事前に予約をしなければいけません。

すぐに、無駄毛を処理できる訳では無いので、この間に気になるという方も多いでしょう。

自己処理であれば自分が無駄毛を処理したい時に、すぐ除毛できます。
夜中でも処理できますし、わざわざ予約したり店舗やクリニックに通う必要も無いので、忙しいという方には便利な無駄毛処理法と言えるでしょう。
除毛

また、人に見せたくない部分も、恥ずかしさを感じず処理できる点はメリットと言えます。

ワキやVライン・Iライン・Oラインといったデリケートゾーンは、やはり出来るだけ人に見せたくないものです。

自宅での処理であれば、自分1人ですので恥ずかしさを感じる事もありません。

また、最近の家庭用脱毛器は脱毛サロンでも使用されている、光脱毛を搭載している商品もあります。

光脱毛の効果を得られる家庭用脱毛器であれば、高い脱毛効果を感じられるでしょう。


脱毛器を使うなら脱毛クリニックがおすすめ

女性は身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、このお手入れは非常に面倒なもので、時間をかけて丁寧に行ったつもりでも、外出先でうっかりと処理残しを発見してしまったり、肌荒れをしてしまったり、数日ですぐにチクチクとした毛が生え始めるので、できればプロの脱毛ケアを受けたいと考える方も多いようです。

ムダ毛 チクチク

しかし今流行のエステ脱毛は、頻繁に通わなければならないので、時間的な余裕のない方などは不向きで、家庭用脱毛器でケアしようとする女性も増えているようです。

最近の家庭用脱毛器はかなり性能が高くなっており、サロン並みの美しさを出すことが可能ですが、やはり自分で行わなければならないため、限界もあります。

レーザー器 購入

家庭用脱毛器にも光ケアのできるものやレーザーケアのできるものがあり、より永久的な効果を求めてレーザー器を購入する方もいるようですが、やはり効果はあっても痛みに耐えられないという声も聞かれています。

レーザー処理をするなら、脱毛クリニックが最適で、麻酔処置も行ってもらえるので、苦痛に耐える必要もありません。エステ脱毛とは違って医療脱毛は、数か月おきに数回の施術で済み、その効果は永久的に持続します。

価格が下がってきている脱毛クリニックも増えているので、是非医療レーザー脱毛に挑戦してみましょう。

家庭用脱毛器、脱毛器の比較医療レーザー脱毛機器の比較を簡単に紹介しました