1. TOP
  2. 医療脱毛とデリケートゾーン脱毛の歴史

医療脱毛とデリケートゾーン脱毛の歴史

デリケートゾーン 医療脱毛

脱毛の歴史は古く、特にデリケートゾーンに関しては紀元前から行われていた記録が残っています。

デリケートゾーン

当時ははちみつや砂糖などの自然素材によるワックスが使用されていました。美観上の目的もありますが、医学が発達していない時代においては雑菌の繁殖しやすい陰部の感染症を防ぐという実際的な理由も兼ねていました。

デリケートゾーンの脱毛がエチケットのひとつとされている米国では永久的な脱毛技術に対する需要が高く、試行錯誤が繰り返された後現在のニードル法にあたる医療脱毛が20世紀初め頃考え出されました。プローブを使用する電気分解法です。

デリケートゾーン脱毛

確実に永久脱毛できますが毛穴ごとの処理が必要のためスピード的な効率には限界がありました。

その後選択光の性質を利用したレーザー治療が医療脱毛として取り入れられるようになりました。肌に特殊な波長の光を照射するだけで毛根を熱ダメージで死滅させる画期的な方法です。

医療レーザーの導入によりより安全で痛みの少ない脱毛が可能になりました。

永久脱毛 カウンセリング

脱毛クリニックのカウンセリングで分かること

脱毛クリニックに行くと、まず初めにカウンセリングが行われます。

カウンセリングでは、どのようなことが分るのでしょうか。

カウンセリングでは、まず、脱毛の施術を行っても問題がないかどうか肌の状態の診断が行われます。

施術で肌に刺激を受けると、肌が弱い人は肌が荒れたり炎症が起こることがあります。

肌の状態を診てもらうことで安全に施術を受けることができるかどうかが分ります。

永久脱毛 肌の状態

問題なく施術を受けることができるということが分ったら、次に施術の説明が行われます。

どのような施術内容なのか、キレイになるまでどれくらいの期間がかかるのか、など施術に関する具体的な内容が分ります。

また、施術を受けるうえでの注意点の説明もあるので、後でトラブルになることがないようにしっかり聞いておきましょう。

脱毛クリニックに通うときに気になるのはやはりかかる費用ではないでしょうか。

どれくらいの費用がかかるのか、支払方法などもこのときに説明があります。